国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア ShortShorts Filmfestival & Asia

ビジュアルボイスは米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の関連会社です。

SSFF & ASIA 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)とは?

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭。新しい映像ジャンルとして「ショートフィルム」を日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優の別所哲也が、創立者として1999年に「アメリカン・ショートショートフィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。

初年度は映画『スターウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映し、その後も毎年応援を頂いています。

2001年には「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と名称を改め、2004年には米国アカデミー賞公認映画祭として認定されました。これにより、映画祭のグランプリ作品が、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、日本からオスカー像を手にする若手が出現する可能性への架け橋ができました。

また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から同年に誕生した「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が誕生し、現在、この2つの映画祭を合わせて”SSFF & ASIA” と総称しています。上映内容は、オフィシャルコンペティションをはじめ、「環境」「CGアニメーション」「東京」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されています。

2016年にグランプリを獲得したクリストフ・デアーク監督『合唱』(原題:Sing)が、翌年開催された第89回米国アカデミー賞にて短編実写部門のオスカーを受賞。2018年開催では応募数が1万作品を超えるなど、名実ともに世界規模の映画祭として世界のクリエイターたちに知られています。

映画祭の沿革やサクセスストーリーなど詳しくはこちら

Highlights ダイジェスト映像

Top