Bon Voyage ボン・ボヤージ -SMAの勇者ここに誕生- Bon Voyage

2019

Bon Voyage ボン・ボヤージ -SMAの勇者ここに誕生- Bon Voyage

製作年
2019
監督
三ツ橋 勇二
作品時間
約15分
クライアント
バイオジェン・ジャパン株式会社
出演
中島広稀 / 滝沢涼子 / 上田菜々 / 松田リマ / 竹森千人

株式会社ビジュアルボイスはバイオジェン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:アジェイク スレイク)と、難病 脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy/以下、SMA)への気づきを提供するショートフィルム『Bon Voyage ボン・ボヤージ 〜SMAの勇者、ここに誕生〜』を制作いたしました。
SMAは、症状が出現する年齢と運動発達レベルにより⼤きく4 タイプに分類され、中でも「Ⅲ型SMA※1」は、進⾏が緩やかであることから症状が病気として認識されにくく、⻑期にわたって正確な診断がなされないケースも少なくありません。それ故に、潜在的な患者さんが少なからず存在すると考えられています。
この度、Ⅲ型SMA の病識が少しでもある⽅、同様の症状を感じながらも未だ正確な診断がついていない⽅、さらにそのご家族や周囲の⽅々の“気づき”になるよう、ショートフィルムを制作しました。

※1 生後18 ヶ月から20 歳の間に発症するとされる
※2 生後7 から18 ヶ月の間に発症するとされる

あらすじ

新卒で旅行代理店に入社し、3年目を迎える大友和也は、新プロジェクトにやりがいを持ちながらも身体に異変を感じていた。何の病気かわからないまま、仕事との折り合いを見い出せず、心配する母にも素直になれない。そしてようやく診断されたのは、SMA(脊髄性筋萎縮症)という初めて耳にする病気だった。

監督は、国内外の映画祭で30 以上の受賞を誇る三ツ橋勇⼆さんが務め、若⼿注⽬俳優の中島広稀さんが主演として、Ⅲ型SMA の患者さん役に挑戦しています。また、主⼈公の⼤切な気づきのきっかけとなる重要な役を、II 型SMA※2 患者さん本⼈であるネイリストの上⽥菜々さんが演じています。病識はあるものの原因が分からない様⼦から診断に⾄るまでの“リアルな課題”を再現しただけでなく、正確な診断がきっかけで⾃⾝と向き合い、夢に向かってさらに⼒強く⽣きていく姿を描いたストーリーになっています。

予告編

Other examples その他の実績

Top